Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏、総決算

八月の終わり。明日は熱い、熱い、ダブルヘッダー。

f0016929_2236046.jpg

一本目。関西弁の面白い切り口と、深いメッセージで
人気沸騰中の高原剛一郎先生の「聖書と福音700回記念公開イベント」。
イベント内でコンサートをさせていただきます。
先生は大阪教育大学の先輩でもあるんですよー!
場所はどーんと、中之島の大阪中央公会堂です。
●日程:2013年8月31日(土)
開場 13:00 開演 13:30~15:00 終演
●場所:大阪市中央公会堂
●聖書メッセージ:高原剛一郎兄



f0016929_22362632.jpg

明日の熱い、熱いダブルヘッダー 二本目は、
「平和を祈るゴスペルコンサート
  〜Spiritual Fighting〜 Vol.11」
●日時:2013年8月31日(土) 17:00〜
●場所:House of Gospel (大阪弟子教会地下1階)
●出演者:Bee 芦原&Everlasting Joy. Harlem JP Choir
安永啓太 向日かおり 足立学 他
●料金 ¥2500 (当日 ¥3000)

明日、この二本終わったら、魂は天国へ飛翔しているに違いないw!
by spiritualsong | 2013-08-30 22:38

自発性

ある人と話していて

直接言われたわけではないが

私に足らないものは自発的な行動力だということがわかった


しかし自分は女性で 歌い手の立場である


権威ある人に命を受けるまでじっと待っていたのだ



しかし 同時に自分の根本は 天と直通でいたかった


女性でも 誰かに仕える立場でも まず天と直通でいて

直接神さまから受けて それを流すことが出来る筈だと信じて涙してきたのだった



私は神さまと打々発止とやり合っている


人とも その一部をやり合える筈と信じてやはり涙している



神さま


私は 自発的礼拝者になりたいのです


そして人とも 神さまと語り合うように本当のことを語り合いたいのです



これは本当の思いです



自分に足らなかった自発的な力がわかった時

胸のつかえがすーっと下りた



焦りや 不理解や 不遇も

全く気にならなくなった
by spiritualsong | 2013-08-27 00:35

のびしろ

本日は貧血につきダウン

行きたいとこにも行けず

やりたいことも出来ず


その中で先日ピアノのレッスンをした若い女の子の事を思い出していた


彼女は身長が私より低く

その手は オクターブをぎりぎり引っかけるのがやっとの私の手よりさらに小さい


しかし奇跡のようにオクターブを連打し

リストの難曲 エステ荘の噴水を さらさらと弾いてしまう


どうなっているのかたずねたいほどだ



しかし 最近数度 彼女のレッスンを施してみた時

彼女にはまだまだまだまだ伸びしろがあることがわかった


教えるとスポンジのように吸い込む


彼女はまっ白なのだ



人間には 出来てないことがある時

だめだと思うか

伸びしろと捉えるか



伸びしろのある人間は

素直であるところが分かれ目なんだな
by spiritualsong | 2013-08-25 23:50

夏キャンプ

f0016929_923994.jpg


JECグローイングアップキャンプに部分参加


めちゃくちゃ良かったです!!

講師が富田慎吾師だったので 期待感満タンでしたが

ああ そう! そう!

かゆいところに真っ直ぐ手が届く

感謝!!

ユースたちは燃えて 泣いて ぴかぴかに輝いていました

先生ありがとう!!



私自身神さまにもらってたのは すでに自分で出来るよーということ

YES!

私もできるのo(^-^)o


ずっと居たかったけど まだ本調子でない自分の体力を戻す方が先

部分参加に留め 今日もちょっと療養ペース


神さまはさせたいんだよね

YES

できますo(^-^)o


ユースのみんなも

できますo(^-^)o



帰り道で あるベンチに腰掛けただけで

あらあら みんな羽根がはえてる(笑)


f0016929_923984.jpg

f0016929_923956.jpg

by spiritualsong | 2013-08-15 09:23

苛立ちを抑える

ある友人が

機関銃のように打てば何かに当たるという戦い方ではなく

ライフルのように一発でしとめる質の高い戦い方をするようにと言ってくれた



始めに 自分の中の弱さをしとめようとして祈った


そうすると 「苛立ち」という言葉が浮かんだので


心の中でずどんと打ってみた


するとひらひらともうひとつ落ちていくものがあった


それは何かと神さまに訪ねたら

取り合わなくていいよと言われた気がした




少したって もうひとつひらひらと落ちて行ったものは

どうやら「怠惰」らしいとわかった



「苛立ち」を抑える


すると「怠惰」は気にしなくても落っこちていくらしい



私の場合
by spiritualsong | 2013-08-11 08:03

戦い

東京でのお仕事を終えて帰ってきました


今 クリスチャンアーティストの世界は良い時代です

皆がきよく仲が良い

実力もスピリットもとても高い


何かが始まっているとしか思えない素晴らしさ



しかし おじさんたちがいけてなさすぎる

おじさんたちが素晴らしい未来ある人たちをどこへ導くのかわかっていない


東京を見ると 日本の汚染の源にぶち当たる

そのつもりで行ってるので臨むところなのだが
だから今朝もしみじみ思う

垂直に抜けることを



地上の世界において人間レベルの言葉で返さない

それには黙って垂直に抜け 新しい言葉と新しい霊に生きる



新しい事が起ころうとしている

新しい天と地が約束されている

新しい歌をうたうことができる



戦いがあるからこそ 罪と人間の古い性質に気づき
死に物狂いでそれから脱出するのだ


東京から帰る前に新宿シャロームの24時間祈りの部屋に立ち寄って祈ってきた

砂漠から清水が湧き出すようだった



罪と古い人間の性質から死に物狂いで脱出する時
人は強くなれる


いのちの水はどこからでもない
自分の腹から湧く
by spiritualsong | 2013-08-08 07:28

なにげない夜

この業界にいたら 良いことも騒がしいことも多種多様に存在するが

他のアーティストさんのネットワークを見ていた時

不思議な満ち足りた脱力感がやってきた



神さまがみんなに注いでいる愛と光を感じて

その光を見ただけで癒やされた



神さまの光はなんて柔らかで生きたものなんだろう



植物に光を注ぐように

神さまは 神さまを崇める者たちに目を留め 育み いのちを注がれる



心深くにしみこむようだ



この光に生かされている



焦ることも 慌てることまない


考え過ぎて悩むことも



主は天から目を注ぎ 人の子らを残らずご覧になる
by spiritualsong | 2013-08-07 01:55

朝まで

朝まで一睡もせず


形あるもの
一見良いように思えるものも
もし自分の魂を縛るものであるならば
概ねそれは必要の無いものである


しかし それに仕えたいという心があれば
或いはそれも良いものに変わるかもしれない


一番良いのは
一見良いかのように見えるものも 切れた鎖のようにぱらぱら 落ち
自由がそこにあることだ


人為的な道や手段 方法
それそのものも邪魔になるが
一番邪魔なのは それに捕らわれている自分自身の心である
by spiritualsong | 2013-08-02 05:37