人気ブログランキング |

Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong

2007年 02月 25日 ( 1 )

ブルックリン2夜目

今日は満員御礼。
さすが土曜日です。
みんなうれしそうで、帰りがたい表情。
ブルックリンニ夜目、大きな祝福でした。

私自身は昼間に持たれた青年宣教大会に大いに打たれました。
メッセンジャーのロド・プラマー師が、
「神様の言葉を語りなさい。ネガティブな考えを
口にしないように。そして夢をみなさい。」と語られた。
いつも聞いていたことだったけど、ほんとにその言葉に力を、
開かれた天を感じた。
そして昨日ぐっときた"Heaven on my mind"の歌詞の続きを思った。

そう、天を思う人たちは、地上でどんなにネガティブな声を聞いても
耳を傾けない。その言葉を自分が告白することはない。
そして神様のビジョン、夢をみている。

ブルックリンのコンサートの途中、何かにふと動かされ、
スタッフタグを持つのをいいことに、袖に侵入。
祈っていた。
この日本に、祝福をください。
神様、私のような者ですが、もちいてください。
油注ぎをください。受け取ります。

私にとって、ブルックリンは全然遠くない。

日本に必要なものを考えていた。
たとえばリハのシーン。
田中武さんが、シンガーズが歌うべきソロの部分を代わりに少し歌ってくれた。
それがものすごく良かった。やはりいい声!!だと思った。
練習用の指揮をする榊原夏子さんは、さすがだった。
永田優子ははじけとんでいて、抜群だった。
みんな素敵だった。

同胞を大切にすることだ。
自分達にもできるということに、自信と自負を持つことだ。
日本人は自分には出来ないと思うゆえに、隣の人もできるわけないと
始めからレッテルを貼る癖がある。
そこをやめる。
お互いを尊敬する。
自分にはできると思う。だからあなたもできる。
そこから。

ゴスペルの祈り会、これが生まれたのは、私にとって大きな幸せです。
by spiritualsong | 2007-02-25 01:45