人気ブログランキング |

Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

私が歌う理由

このところずっと、谷川俊太郎さんの詩が頭を回っている。
昔所属していた演奏団体で歌わせていただいたことがあった。
三善晃作曲の「地球へのバラード」の一曲目・・・だったかなと思う。

私が歌う理由(わけ)

私が歌うわけは いっぴきの仔猫
ずぶぬれで死んでゆく いっぴきの仔猫
私が歌うわけは いっぽんのけやき
根をたたれて枯れてゆく いっぽんのけやき
私が歌うわけは ひとりの子ども
目をみはり立ちすくむ ひとりの子ども
私が歌うわけは ひとりのおとこ
目をそむけうずくまる ひとりのおとこ
私が歌うわけは 一滴の涙
くやしさとたいらだちの 一滴の涙

          (谷川俊太郎、詩集『空に小鳥がいなくなった日』より)

同じ詩に自分で曲をつけた、こんなの人の作品も見つかった。
詩が見えてくるような歌だ。
こんな風にほんとの気持ちが歌える人って、すごい!
http://www.voiceblog.jp/mohei/6881.html

この詩、今もう一度読み返すと、さらにせまってくる。
今の自分の思いを言葉にしてくれたようで、本当にありがたい。
詩には力があるんだと、改めて思った。

でも、でも、・・・。
この歌を歌っていたあの時の自分は、いつも思っていた。
すばらしい歌。けど、でも、『でも』がいつも同時にくっついてくるなあ。
これだけでは、実は自分にとっては、何かもの足りない・・・。

では私自身の、「私が歌う理由」は・・・。

それをずっと歌おうとしてきた。
『でも』のさらに後に続くものを、私は歌おうとしてきた。
明日のコンサートでも、それを歌うだろう。

そして・・・、これからさらにそれを「新しい歌」にできたら。

それはきっとものすごく『幸せ』なことだろう・・。
by spiritualsong | 2006-10-09 01:45