Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー

<   2011年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

(笑)

f0016929_21595145.jpg

今日のデザート


意味なし(笑)
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-30 21:59
明日はWomen's Choirの定例練習。

弟子教会地下のGospel Houseにて11時からです。

女性なら誰でも来れますよ。

明日は、初めて参加して下さる方も複数いらしゃる予定 で楽しみなのです。

一日参加も大歓迎なので、気になる方はぜひお越しくださいね♪


弟子教会のURL

http://www7.ocn.ne.jp/~d.c/2011/access.html
(コピペして使ってね)





そのあと向日は岡山へ遠征。

日曜日は岡山県の瀬戸内近郊の玉野教会にて14時半よりコンサートです。

http://ww7.enjoy.ne.jp/~rqn743tamano/
(これもコピペして使ってくださいね)

ふるさとで歌えるのは本当にうれしいなあ。






10月下旬はインドネシアが入ってます。

そのニュースもまたアップしますね。



着物ドレスを製作中なのですよ〜〜〜〜〜♪
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-30 12:36

-

神さま どうしてこんなに深い話を


私に教えてくれるのかなあ


ありがたい
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-29 05:24

-

ふと夜中に目を覚まし



神さまは 昼間京都で


ものすごく深い深い話を


わたしにしてくださったのじゃないだろうかと思った



みんな 人は深いよ


深い 深いよ



神さまは 本当に生きておられるよ
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-29 05:18

f0016929_20471851.jpg

今日は京都で和菓子


という計画ではなかったんだけど



思いがけないふんわりした時間を頂戴することになりました




あることで打ち合わせに寄った先の旦那様がお茶の修行をしていらして



このような生の和菓子を製作



ご馳走してくださったのです





お茶の合間に人生の深いお話も




和に和む京の夕
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-28 20:47

地上にて



天国に行ったら


ああ そうだったのか


とか


本当はそんなことがあったのか


とか


そんな思いだったのか


とか


わかりあえる


と 思うんだ


けど神さま


やっぱり生きているうちに


やっぱりそう遠くない時間に


そうだったのかが訪れて欲しい



せっかく生きているのだもの


地上にいながら


そうなりますように
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-25 09:33

うさぎのおしり

昨日、なんか変だよ現代の着物業界、

と思いながら電車の中で携帯を見ていて

めっちゃいいとこを発見した。

全国展開する「たんす屋」着物の古着店。

通り道だったので天王寺店に立ち寄ったら、

クリーニング済みの羽織が1050円で並んでいる。

どうなっているんだ?

初心者にも歩きやすいというオリジナルのぞうりを3150円で製作販売している。


そして、やっぱり! 短期 フェアで置かれていたビンテージものの訪問着は
びっくりするような派手な紫や、あでやかな水色や、とにかく柄は豊かで
元気で、ものすごくエナジーがあるのだ。

3000円で売られていた真っ赤なつむぎの着物。これがまた元気な色である。

ほんま、元気なんである。

これやないか。

家に帰って思わず会社のことを調べた。

社長さんが言うことに、いちいち納得。


うちもバブル絶頂期に100万円の振り袖を斡旋されたが、
恐ろしくて留袖にしておいたのだったよ。

着物は高い、着物は特別、そう思って近づけなくなっていたのだったよ。

http://www.huemec.co.jp/melmag_backnm/vip_backnum/vip_4.html


「うさぎのおしりを追いかけて、山にのぼる。」

いいよ、この社長さん。



そんでね、日本の教会も、こうなったらいいなと思ったよ。

もちろん教会は高い着物を売ってはいないけど、

ちゃんと欲しいものに届いてることだよなあって。


愛。

とか。


救い。

ファミリー。

永遠のいのち。

霊とまことの礼拝。


それが普段の生活やおうちの中にあって、

豊かで楽しい。

それがいいよ。




うさぎのおしり。

自分が好きなものを追いかけたら、気がつけば山にのぼっていた。

いいね〜。




にわか着物熱はまだまだ続きそうだよ。
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-23 12:23

にわか着物考

移動しながら


にわか着物考


はじめて行った着物展示会は 息を飲むように美しく


職人さんの手業の深さに目眩がしそうだった



しかし ちょっと袖を通してみるとぴたっと来ない


年甲斐もなく遊びで袖を通した振り袖が

一番自分にフィットした




店員さんに話してみた


今の着物文化って 60代以上の人の文化ではありませんか?


昔の40代はこう 50代はこうという概念は

今の世代には当てはまらない


まったく違う生活感や文化

まったく違う行動半径(海外を含む)を持つ


今の世代に合わせた新しい文化の着物を作ってみてはいかがですかと







私があたまをがつんとやられた着物のアンティークショップには


ショッキングピンクに大きな黄色の花模様とかの訪問着があって


ちっともけばくなんかなかった



私が惚れ込んで持ち帰った黒留は


まるでロックミュージックが聞こえてきそうだった


「戦前だからですよ


着物文化はもっと多様だったんです」



あのシミだらけのピンクの訪問着


あれを着て闊歩していた日本人はどんな精神をしていたのだろう



私はその魂に出会いたいと思った



着物文化は素晴らしい



だからこそ 本当の 本来の日本人の奥底へ


もどることはできまいか



本当はもっと自由だ にっぽん
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-22 15:57

浮かんでるのに


過激かもしれない発言



先日のJGMFで 火の中にいても燃え尽きない人たちを見た思いだった




それがすごいヒントで



こういう人が この先へ 行くんじゃないか
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-22 10:27

しょうじき

今  すごくちからがぬけてる


感謝 かんしゃ



なにげなく過去の写真を見たとき

「私はがんばってるぜいッ」ていう気持ちを持ちながら

撮られてたことを思い出した




こう見えても裏では大概な目にあってるんだぜい

やられるというか(笑)




余談だけど このブログ  コメントは少ないけど

いっぱいの人が見てくれてるのです

で  正直なの好きだから  めっちゃ正直に書いてる(笑)





やられんねん

なんでやねんってくらいに




で  やりかえせないでしょ




だから元気な自分を前面に出して   私はまだ倒れてないぞ〜と

アピールしなければならなかったわけ



ほ〜〜〜〜    ・・・・    ちから抜こう





ふんわり浮かんで




さ〜  今日は着物の展示会に行くぞ〜〜〜(爆)


にわかに着物にはまってしまったからね




アルフィー・サイラスのボイトレにも行くぞ〜






まず浮かぶよ





神さまの歌をみんなに届ける者は正直がいいよ


混ぜものも   余計なものも 一切入れない


正直者が  いいよ





ちから 抜いて



にこにこ  しょうじきものでいくね





しあわせや
[PR]
by spiritualsong | 2011-09-22 10:16