Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー

<   2011年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

なぜか還暦ライブに

f0016929_22274226.jpg

f0016929_22274297.jpg

名古屋のちびたちのかたつむりくんは、
なんと129匹に増えていた!!


わあお!


でも写真にとってみたら、携帯では限界だったので
今回はアップ無し。

かわりに双子のうちひとりが歌った「TOTO便器の歌」が大爆笑で、
ガレージバンドに収まっています。



で、今夜はなぜかラニー・ラッカー師の還暦ライブに。


東京なんだけど、そして数時間前までは行く予定は全くなかったんだけど、
なぜか現地にいた私(爆)


いいものを見たなあ。

いい励ましを受けたなあ。

60歳になった時、あんなに愛され、祝福された働きが出来てるかな。



本当はいけないはずだけど写真を撮った。

二枚目は、奥様の陽子さんが、バースデーケーキを運んで来られたとこ。


一番盛り上がったなあ。

陽子さんは鮮やかなブルーのドレスを着ていた。

最高の装いで、旦那様を祝福する、
わ〜〜〜、なんて素敵なんだろう!



陽子さんからは、女性の生き方や信仰姿勢について、
本当に深い学びをさせていただいている。

舞台右側端で、手を上げて祝福しているのは娘のナンシー。

ナンシーとラニー師のデュエットもあった。


こんなファミリー、本当に最高…。


なぜ私はここにいるんだろうと思いながら、
最高の時間を共有させてもらった。
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-28 22:27

にゃ

f0016929_21394325.jpg

にゃごやで見つけた ぴよちゃんの大群


M4UのスミちゃんがFacebookで紹介してくれてたのを通りがかりにみっけ



おいっこたちのおなかにおさまりましたあw
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-27 21:39

窓の外に車椅子の青年が見えた


ただそれだけだが、自分の背筋がしゃんと伸びた
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-26 13:44

ヨーロッパ報告3

6月1日は朝から祈祷会。


井野師の自宅である宣教師館に、ハンブルグ日本人教会の皆様が集まってきた。


f0016929_051168.jpg



水曜日の朝、祈祷会があるのだが、これが始まってから
いろんなことがすごく良くなったと井野師は言う。


とにかく井野師はよく祈る。

なんでも祈る。

ちょっと必要なことや、気になることがあると、即その場で祈る。

祈りはエンジンだとつくづく思う。


祈祷会後はコンサート準備がはじまった。
各コンサートは一件一件対象や方向が違う。
ひとつひとつのコンサートのニーズをしっかり話し合うところから。
それが宣教の働きである。
外で見ているより結構な時間と知恵が必要である。

前回報告で、「Why Not」に5/31に出かけたように書いてあったが、
それは間違い(笑)
この日、6/1の夜に打ち合わせ。


つづく
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-26 00:07

きょうは

さて今日は

午前様でした

しかも携帯の電池がとっても早く切れました


メールに十分対応できなかった

メールくださった方、ごめんなさいね



今日の特筆すべきことは

インドネシア宣教師の高橋恵先生とゆっくりお話できたこと

そして、山本真一郎氏の新築のおうち&スタジオで、みんなで練習できたこと。



今日の練習は9/19に行われるワークショップ&フェスティバルに向けて


豪華〜〜〜なメンバーが揃いましたよ


でも、関西はある意味でファミリーだね



私の携帯は餓死していましたが


真一郎氏がわざわざ写真を送ってくださったので


掲載


f0016929_1304218.jpg

右から、にっしゃん、しんちゃん、紅一点わたし、ヨシュア、うしろがもんちっち、ふくちゃん、じい、つちやん、まなぶさん


って知らない人は誰かわからんやん(笑)



このスタジオが自前


プロツールスの9が入ってて



みんなで大盛りカレーも食べた



わきにわいたリハでした
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-25 01:36

ドイツ報告2

空港から井野葉由美宣教師宅へ。


f0016929_1052687.jpg


久しぶりにお会いした彼女はにこやか、かつ軽やかだった。
車の運転が本当に苦手だとこぼしながら私を助手席に乗せてくれたが、
女性ひとりで異国の地にて宣教師という重役をになう
彼女は本当に強い。

だが彼女の強さは頑強なものとはまったく異なる、しなやかなものだ。
もっと言うと、彼女の強さは人として魅力的なかぐわしさのような気がする。

てらいなく、柔軟で、けんそんであり、ひたむき。
だがのびのびとしていて、明るく笑う。
その明るいしなやかさに、私はなんども目をみはったのだった。


彼女と初めて会ったとき、彼女は新婚で、素敵な旦那様と一緒にいた。
彼女は声楽家で彼は科学者。
似合いの素敵なカップルだったが、実は彼は末期の大腸癌を煩っていることも知らされた。

闘病ののち、結婚一年半で彼は天国へ。
「僕は天国へ行きます」と明るい目で言った彼は、同時に「宣教師」になりたかった。
その夢を彼女は共有していたのだ。

そして彼女は今、本当に宣教師となってドイツにいる。


ひとりは本当にさびしいらしい。
でもさびしさを素直に表現できる彼女が、かぐわしいのだと思った。
人を思うこと、恋うること、それがてらいなくそこにあるから
人は同じように素直になり、心のコートを脱ぐことができるのだ。



その日はドイツらしいスープとプレッツェルで夕食。
翌日は時差に慣らすために昼間は休憩。
安物のカメラを片手に近所を散歩した。

f0016929_106974.jpg
f0016929_1065078.jpg
f0016929_1071993.jpg


夜はコンサートの会場のひとつ「Why Not」というインターナショナルカフェへ打ち合わせに。
二日目にしてすでに私の日常の疲れは飛んでいた。
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-24 10:08

ヨーロッパ報告1


f0016929_9522797.jpg


5月30日(月)ルフトハンザに乗ってフランクフルト空港へ。


何年ぶりだろう。ドイツ。


25歳の時、はじめて行ったヨーロッパでは
自分で自分のいのちを落としかけ、
神様にそのいのちを拾ってもらった。

29歳の時、二度目に訪れた時は、心の中でたずねながら歩いたのだった。
『神様、私はあなたについて行きたいです。
私はどうやってあなたの道を歩んだらいいのでしょうか。』

ポーランドにあるゲトーを歩いたあと、小さな教会の夕拝を訪れた。
会堂の入り口付近だったか。
泣いている女性像があった。
その前に花輪が置いてあった。

愛する人を亡くして泣いている。
イエスさまの墓の前で泣いているマグダラのマリアだと思った。
同時に痛み悲しんできたこの国の人たちの姿だと思った。

もし、この女性に「主は甦られました」と声をかけたら、
この人は顔を上げるだろう。
ほほえんだ彼女の顔はどんなに美しいことだろう。

私はこのように悲しみの中にいる人々に「主の甦り」を
告げてまわる天使のようなお仕事をしたい。
そう思ったのだった。

翌日さんさんと照る明るい日の下を歩きながら、
常日頃から聞いてきたメッセージが自分自身のこととなって
心に響いてきた。

「日本人はやれるよ。
小さな国で、いつも諸外国に劣等感を持っていて、
福音的にも遅れていて、自分は無力であるかのように思ったりする。
でも違うよ。
日本人にもできるよ。
世界の国の人々に、神様の素晴らしさを伝えることができる。
主の栄光を伝えることが出来るよ。」

そう、私自身がそのひとりとして、「出来る。」

しっかりとそう受けとめたのだった。




それからなんと「18年」だ。


なぜこんなにかかってしまったのだろう。

と思いながら、

いや、「今」なのだ、
とも思った。



「やっと呼べるようになりました。」
友人の井野葉由美宣教師が、今回のツアーを投げかける時に
私に言ってくださった言葉だった。

が、その言葉の重みと素晴らしいリアリティーは、
徐々に明らかにされていくのだった。


そして彼女が神様と、そしてドイツの教会の方々と
美しい花を咲かせていることがわかったのだった。




つづく
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-24 09:55

ショーロ

今日の夜は難波で友人のコンサートがあった


大学時代の同級生(フルーティスト)がブラジルのショーロにはまり

ついにブラジルの永住権まで取ってしまった


彼女の一時帰国コンサート


二週間で10公演くらいはしてたみたい



すごいな




一緒に行った居酒屋の烏龍茶は美味かった
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-24 00:23

さ〜て

ずいぶん前のことになりましたが

ヨーロッパ報告をまとめてみたいと思います



一枚目の写真はなんでしょう〜

f0016929_1539281.jpg

ヒントはクマのプーさん


はい ピンポーン


はちみつです♪



ドイツではこんな風に沢山の種類のはちみつがあって

ちゃんと味見して買えるのです


二枚目はやはりたくさんの種類のチーズ
f0016929_1539267.jpg



それから手作りのおもちゃ
f0016929_1539274.jpg



じゅうたんみいなお花
f0016929_1539249.jpg




さ〜て はじまりはじまり
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-23 15:39

-

感動は押しつけるもんじゃない


てゆっか それは無理




んでも 伝えたいんよ


私は伝えたいんよ
[PR]
by spiritualsong | 2011-08-22 00:05