Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー

<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

自由

今回の高橋大輔に見たのは「自由」かな


「自由」


久々に胸に込み上げてきた言葉だ



昔 音楽に「自由」を見ていた時代があった


そうだ


「自由」イコール奔放さなどではない


つきつめた努力や多くの律するものの上に


現れてくる「自由」


同じ曲 もしくは同じ演目の上に現れてくる 魂や存在の「自由」



音楽に憧れを抱いていた昔は それを感じ取っていたんだっけ


同じショパン 同じバルトークに



久々だなあ


そういう「自由度」を感じさせてもらったこと



あの「自由」から何かが始まるとすれば 本当にすごいものになるんじゃないだろうか


そう思わせてくれる人だ



やっぱり 「ありがとう」と言いたくなるな
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-31 04:18

真央ちゃんが 前回のオリンピックで金メダルを取れなかったことは

ある意味 もっと強くなるチャンスを貰ったのかと

そんなことを思った



私のレベルなら 潰れる理由を山ほど見つけ

その理由の通りに 潰れていったかもしれない



でも彼女は 潰れなかった



なんと強く かつ謙遜な子だろう



キム・ヨナは かえって今回の世界選手権で崩れて良かったかもしれない


別に大きな失敗ではない


ここで得たことを悟りに変えればよいのだ


彼女は希有のスケーターであり 強い精神力を持っている


もっと強くなることができる


立ち上がった彼女はやっぱりものすごく強いことだろう



高橋大輔のフリーも遅まきながら見た



母も五輪以上だと言っていた



私は五輪では感動で涙しまくったのだが

今回はとろけそうというのが正直な感想だ



真央ちゃんは調整してきた


しかし大輔は脱皮し挑戦し進歩してきた


有り得ない向上心だが


彼は何かの境地にたどりつける人なのかもしれないと思わせてくれる



アスリートたちを見ていて学ばされる



夢と


謙遜と努力


しなやかさ


私の好きな透明さ


それら美しいものを彼らは見せ 教えてくれる



ありがとう
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-30 06:30

強い

真央ちゃんが世界選手権で優勝したことを遅まきながら知って、

YouTubeで見た。

強い。

この精神力。

I 'm proud of you!!!
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-29 15:51

ふらり

f0016929_15141316.jpg

f0016929_15141476.jpg

f0016929_15141410.jpg

礼拝のあと ふらりと足を延ばして奈良まちへ


町屋カフェのにこちゃん堂でランチして

今は大阪のワークショップへ向かう電車の中


桜が咲き始めた


確か昨年もこんな風に桜の季節に奈良に足を延ばした気がする



にこちゃん堂は、テーブルの下部がみんなミシンなんですよ

今日は着物着たかわいい女性たちも来てらっしゃいました



今日のワークショップ 良いものになるといいな
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-28 15:14

家族会

f0016929_21493985.jpg

今日は、湯川胃腸病院主催の家族の会だった。


父がこの湯川医長病院にあるホスピスから天国に旅立ったのは2008年10月。

73歳だった。

今日は、約一年前ご家族を天国に送られた遺族の方々のための「和みの会」だった。

以前、私は淀川キリスト教病院のホスピスでボランティアをしたり

やはり同じ様なご遺族の方々のための家族の会で歌わせていただいていたのだが、

今回は遺族側の席に座っているはずだった。


ところが今朝、突然理事長からお電話がかかってきた。

今回歌うご予定だったドクターが、突然来れなくなったと。

急きょ歌うお時間をいただくことになったのだ。

音楽療法士として演奏が決まっていた「DUO高瀬」の奥様のみずえさんと連絡を取り合い、

突然のコラボタイムとなった。



結果、良かった。

導きだったと思った。


みずえさんも昨年乳癌を手術。今も薬を飲みながらの賛美活動だ。

時間は短かったが最後は二人で「涙そうそう」をデュエットした。

悲しいはずの歌だったのに、なぜか晴れやかになった。


ロビーで知り合った、ある女性。

お母様がやはりホスピスで闘病中だという。

お話しを聞いているうちにお会いしたくなって、

病室までお伺いさせていただくことになった。

クリスチャンだが長く教会に行くことが出来なかったというお二人。

しかし信仰はしっかり生きていると思った。

「いつくしみ深き」を歌って、一緒にお祈りした。

お母様ははっきりと、イエスさまのいる天国に行くという告白をなさっていた。

「イエス様を信じて良かったと思います。」その言葉が確信と命に満ちていて、

病室に何かの力が広がった。

こちらの方が感動してしまった。



写真は家族会でいただいたチョコレートと、今日つけて歌ったネックレス。



===========================================

前回のブログに写真だけはりつけた、「ミラクルハウス」のお話し。

この三日間、ベテルチームというアウトリーチチームがKBIに来ていて、顔を出していた。

素晴らしい内容だった。

その一日目の夜、急きょ「ミラクルハウス」に泊めていただくことになった。

(急きょが好きだなw)

「ミラクルハウス」の話しは、宣教師であるその主人から聞いていたのだが、

こんなに早くそこに泊めていただけるとは思わなかったので、嬉しかった。



何が「ミラクル」な「ハウス」なのか?

その主人から聞いた、嘘の様な本当の話。

200坪の豪邸。が、宣教師でお金もなく、銀行のローンもおりない中、

女医さんが目の前でキャッシュで買って行こうとする状況の中でどんでんがえし。

無期限無利子でお金を貸してくださる方が現れ、奇跡のように手に入った。

しかも改築が必要な古い家だったのに、「神さまに言われた」から、といって、

持っていた有り金の全て、40万円を丸ごと献金してしまったという。

そうしたらなんと、全く覚えの無いアメリカの投資会社から400万円が振り込まれたのだ。

その400万円で、築30年の家はきれいに生まれ変わった。

まさにミラクル、ミラクルである。


この家の持ち主は信仰の固まりのような方だ。

一緒にいるだけで爽やかな風をもらう。

窓から見えるその庭も、草ぼうぼうの荒れ地と化していたそう。

今は梅が美しく、桜が開こうとしている。

荒れ地だった庭を知っている宣教師ご一家の目には、

この梅もミラクルのひとつに映っているようだ。



またこの爽やかな窓辺に来たいと思った。
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-27 21:49

-

f0016929_13141146.jpg

ミラクルハウスの庭から


報告はまた
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-26 13:14

いやし系ネコ

あざらしくんが、あまりにかわいそうだったので、癒しのネコちゃんを。

テルミンを演奏するネコ
http://www.youtube.com/watch?v=0ONJfp95yoE&feature=fvw

ぴあのをいつくしむネコ NORAちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=TZ860P4iTaM

NORAちゃんは、捜すともっと出て来そう!!
これはおもしろい!!!
http://www.youtube.com/user/burnellyow#p/a/f/0/zeoT66v4EHg


でも、あざらしくんは忘れないでください。

この時期、漁が解禁になるのです。


全てのアドレスはコピペして使ってくださいね。
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-24 22:50

あざらしのあかちゃん

わーん

Youtubeでこんなのを見つけてしまった。
残酷なシーンが含まれているので、神経の細い方は見ないでね。

http://www.youtube.com/watch?v=kC-XTAVKK00&feature=channel
(コピペして使ってください)


あざらしの子供ってかわいくて癒されるなあと思っていたけど、
何も知らなかった(涙)

改善はされているようだ。

http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009050601000102.html

が、戦い続けるひつようもあるよう。

下記のURLから署名にも参加できる。

http://plaza.rakuten.co.jp/nanchattevegan/diary/201003210000/


人の心の奥にあるものというのは、怖い。



あざらしくん、ほんとうにごめん・・・。
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-23 22:04

実現

なんかジレンマ感じてた。


大学の卒業演奏会の演奏を聞いて、恩師が
「おさまりきらない って感じがする」
と言ってくれたのを覚えている。


そして今、別の意味でおさまりきらない自分がいる。


これまで賛美の中で見たり感じたりしてきたものがあるのだが、
今、それが「現実に現れる」のを自分は見たがっている。


歌一曲というものは短いものだ。
だがその短い時間の中に感じてきたことが、
実際に現実に起きる事を願っている。


それは自分の中で非常に強い力のようだ。


昨日は、イザヤ書61章というところを歌った。
その箇所は、イエスさまが公生涯に入る時に読まれたところだ。

電車に乗りながら何度も読んだが、涙が溢れてきて止まらなくなった。


ここに書かれている一言ひとことが現実になった。
慰めや、赦免、解放、喜び、賛美。
主は「今日実現した」とおっしゃった。

実現した。

私の魂は震えるのだ。


実現した。


そこに現実に生きたいのだ。
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-23 17:12

就任式

今日 といっても翌日だが


カリスチャペルのジュニア 村上愛信師がお父さまの好伸師の跡を継いで
主任牧師に就任された

朝から涙が出ていたが

やはり泪涙の素晴らしい就任式


感動しつつ


二度寝(笑)
[PR]
by spiritualsong | 2010-03-23 04:39