Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー

<   2008年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

創造

f0016929_132272.jpg

神様のクリエイションは素晴らしい


こんな写真で今年の締めくくりを?(笑)

いろんなことがあった年末

また報告できたらうれしいです


神様の造られるものは本当に素晴らしい
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-31 13:02

年末ゴスペルワークショップが素晴らしい

本当に

と月並みな報告ではだめなのだが




ただ

私にはもうひとつの事が心にある


ある方が昨日天国へ召された


みんなでとても祈ってきた方だった


ずっとその人の事が心にある
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-29 23:18

おくりもの

昨日、帰宅途中の私に、母から連絡が入った。

「今日はすきやきよ。」

家に帰ってみたら、立派な松坂牛が届いていた。
が、びっくりしたのは送り主の名前を見た時だった。

その方はこちらの方がただただお世話になった方だったのだ。
その方がしてくださった事を思うと、何かやっていても感謝で手が止まり、
しばらくその事を考えてしまう。
それくらい、有り難い事をして下さった方なのだ。

その方に感謝のお電話をさせていただいた時、
「おとうさまがお亡くなりになられて寂しいとは思いますが、
おかあさまと食卓を共にしてください。」
という言葉をいただいた。
なんという配慮なのかと思った。

その方は思いつく「最高」の事を私達にしてくれたのだと思った。


クリスマスは神様が御子イエス様を下さった最高の日だ。

最高のものを下さった日だ。

「これらのうち最も小さな者にしたのは、すなわち私にしたのである。」
というイエス様のお言葉通り、
この方の贈り物は私だけでなく、イエス様も喜んで下さるのだ。

神様に最高のものをささげる事について、
私は改めて襟を正す思いだった。


クリスマスは最高の日。

私達は神様に何をお捧げできるだろう。
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-23 21:39

f0016929_0301855.jpg

組んでバラして
組んでバラして

PAは本当に大変だ


本日 岡山県の山陽キリスト福音教会から
広島県の福山市にある高島チャペルの二連戦

歌う方も大概だが
もっと大変なのはPAだ


私は今福山のホテルで潰れているが
PAを積んだ車は今も関西を目指して走る

一昨年このコースを帰った時は 二時半頃に西宮に送り届けていただいたのだった


雨だけど 守られますように
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-22 00:30

今日は神戸聖書教会で歌った後、岡山へ移動。

桃太郎温泉で疲れを癒し、教会へ。
そこで波動水なるものを初体験。
いろんな病に利くという波動水を腰痛用に調合していただいて床に入る。


今日も楽しかった。
明日は岡山と広島のはしごだが
その二件もまたまた楽しみ。


楽しいなあ
楽しいなあ


わくわく
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-21 01:16

将来

不況の話が飛び交う。

景気の底知れない低迷は、やはり底知れない不安をもたらす。

ただ、私は、これもチャンスだと思っている。


農村へ帰ろう。

自給自足を目指そう。


今まであると思っていたものが、無くなるだけだ。
40年前は無かったものだ。

むしろ40年前にあったものが、無くなっていくことの方が恐ろしかった。


自動車が走らない時代が来るとしたら。
それは本当に大変なことだ。

しかし、地球温暖化は止められるかもしれないのだ。

人間にとって大変なことと、地球や神さまが作られた世界全体の大変さは違う。
いや、今重くのしかかるものと、未来は違う。

将来に残せるものが何なのか、今、希望を持って見つめることが出来るのではないか。

たとえ自分が死んだとしても、子供達の時代にきれいな地球が残る方がいいのではないか。


何もあわてなくていい。

それよりも、変わらないもの、変えてはいけないものを見つめよう。


将来と希望は開かれている。
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-18 22:09
先週土曜日は阪神クリスマスフェスティバル、そして日曜日はハレルヤチャーチ高松で
コンサートでした。

阪神の写真がないので、高松の山川先生ご一家の写真を。
f0016929_12431667.jpg


今回のふたつに共通することは、子供パワー。

阪神クリスマスフェスティバルは地元グループの開催だったので、
周知の先生、周知の友人知人による、家族的な連合フェスティバルでした。
今年はありがたくゲストとして呼んでいただいたものの、一人で歌うのではなく、
どこかで連合する時間が欲しいと思い、キッズダンスや「ロバの子」のお友達が
ジョイントするシーンが出来上がったのです。

毎年阪神に登場する子供たちに加え、歌うために集まってくれた「ロバの子」たち。
子供パワーで舞台がはじけました!!!
太陽のように明るかったです。

私個人は、申し訳ありません・・・。
このたびのように出来に悪い歌は、・・・。
実は、一曲目が終わった段階で、とんでもない声になってしまいました。
声が割れる、勝手に切れる、音量のコントロールが全然効かない。
正直音声障害になったかと思い、夜間の診療所に走っていった始末。
どうしてこんなことになったのか、不明でした。
でも、感謝なことに音声障害ではなかったので、薬だけもらって
翌日は高松に飛ぶことが出来たのでした。

阪神の感想はもうひとつ。
そんな調子の悪い時だったのですが、今回はどうしても壇上から下りたくて、
下へ下りたのです。
そうしたら・・・・・。

人々の顔、顔、顔・・・・。

リアルでした。
涙を浮かべる人、すがるような顔、なんとも言いようの無い目、目、目・・・。

この目は私に向けられているのではない、神さまに向けられている目。
みんな一心に、そして謙遜に、ひたむきに、神さまを求め、ついていき、
信じている。

その目を見た時、私は思わずその人を抱きしめたくなったのです。
でもそんなことをしたら歌えなくなってしまう。
涙でつまって。そう思ったので、そのまま通り過ぎたのですが。

でも後でその話をある人にしたら、それでもハグすれば良かったと言われました。
「あなたのドレスについている星がその人に移るんだよ。」
抽象的な表現かもしれません。でも、もしそうならば。

あんな目をして神さまを見つめている。
神さまがその人を思わないはずが無い。
今もその事で胸がいっぱいです。


さて、高松。以前紹介したハレルヤチャーチ高松。
高速バス3時間で着いてしまう、この近さ。

声が出るかどうかがあやしかったけれど、いやいやなんのなんの、
昨日の絶不調はどこへ?????というくらい、軽く出ました。
良かった。
でもそれは、教会の祈り、それから空気感だったと思います。
ブラジルの人たち、フィリピンの人たち、あそこは多国籍ワールドです。
あったかい空気が流れていて、私は今回ほど楽に、そして自由に弾き歌いが
出来たことはありません。

そして時間もあっという間でした。
深みに行く前に、なんだか終わってしまいました(笑)
でもそれは変な事ではない。ここは、時間や空気の流れがちょっと違うのだと(笑)
ものすごく乗っている集会やコンサートになると、時間を忘れて、そして疲れない。
きっとその空気があるから、もっと向こう、もっともっと向こうへ行けるところなのだと思います。

この教会にもキッズたちがいて、何より山川先生と水田先生ご夫妻にかわいい子供さん
たちがいらして、その子たちが跳ねて踊ったのです。

会堂は工場をご自分達で改築。
本当に完全な手作りの内装。
でもそれが見事。本当によく考えられ、設計されたもので、
未来のいっぱいある会堂だと思います。

会堂の写真はないのですが、下の一枚は母子室。
f0016929_12431617.jpg


母子室にこんな大きな敷地を取る教会は見たことがありません。
中は幼稚園並みの広さ、そしてしつらえです。
子供がいかに愛され、大切にされているのか、この部屋のしつらえでわかります。

この若い先生方の夢と幻が、実現しますように。

そして神さまの国の天からのギフトが、この地に注ぎますように。


何よりも世界の暗さに反して光を放つ子供達が、もっともっと輝き、
真に守られますように。
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-17 12:43

残念

そうか・・・

太田由希奈さん、引退していたのか・・・。

今頃知ったこの事実。
11月26日付けで引退だったそうです。

私の中で、日本で一番好きなスケーターは彼女だな・・・。



マスコミも辛い・・・。
どうしてこういう逸材を大切にしてくれないのかな。
とにかく報道が偏りすぎ、煽り煽られすぎ。

それはさておき。

脳天に鳥肌のたつ、アーティスト。

来て欲しいなあ。


由希奈さん、これからの人生も、本当に本当に、幸せになってください。
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-17 00:23

小休止


今日はYou tubeで、太田由希奈さんのむかしのスケーティング見てました。

アタマに鳥肌がたちました。


って、阪神と高松のレポは??(笑い

書きますよ! これは来年につながることだから。


その前に、
太田由希奈さんのようなスケーターが若くして開花して、
ケガで2年戦線を退き、また復帰しようとしていること。。。
私はとても応援したいな。

彼女の昔の演技を見ると、こんな人が日本にいたんだ、という突き動かされるような感動がある。

いい演技、うまい演技、高いジャンプ、これは本当に素晴らしいんだけど、
由希奈さんの昔の演技には、「時間を忘れる」「自分がどこにいるのかを忘れる」力がある。

私は心からこういうものが好きだった。
本当に好きだった。

アタマに鳥肌がたつ、そんな時間を描き出す。

出来るんだよ、日本人にも。


由希奈さん、今シーズンはどうしていくんだろう。


ケガからの復帰もできるって、がんばってほしいな。



レポはまた!!!
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-16 23:09

出来る

f0016929_15323247.jpg


出来るって

出来るって



なにが?


(笑)なんだかとにかく

出来るって



今は躁の時代から鬱の時代へ変わったって言われている

躁の時代が正しかったのではない
躁の間にたまっていた見えない問題が現代に現れてきてるんだって

意味も無く駆け上がることや
人と自分を比べて その中で勝ち負けを誇ることや
へんてこりんなプライドや
お仕着せの価値観

そういうものがみごとに崩れた




今は 探しはじめたんだ

本当のものって?

いつまでも拠り所にできるものって?

一番大事にしなければならないものって?



変化はチャンス

だからだいじょうぶ


今までと違う

それはとても大きなチャンス


あとは

出来るよって言葉

出来るってほんとに思えること



出来るよ

出来るよ
[PR]
by spiritualsong | 2008-12-12 15:32