Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ついに

行きました

さぬきうどん…

まず田村へ。

あるサイトの出会いがきっかけで、どうしても行きたくなった田村うどん店。
三年ごしの念願かなってついに実現。

これが伝説のさぬきうどんですか!
温かいゆでたて麺に、おしょうゆを少しだけかけていただきました。
が、味が濃厚なので、わずかでもおしょうゆをかけた事を後悔。

次の山越では、しめた麺を注文、葱もとりはらって何もかけず、そのままいただきました。

まーべらす(笑)

おうどんを二杯も、とお笑いになるでしょうが、四国のうどん巡礼者は六杯だの十杯だの食べて帰られるそう。
案内してくださったS某女史は、釜玉を計四玉、つるりでした。
とても及びません(笑)


f0016929_21131494.jpg

f0016929_2113143.jpg

f0016929_21131444.jpg

f0016929_211314100.jpg

f0016929_21131475.jpg


写真は上から田村うどん店。
うどんを打ってる田村のおっちゃん。この笑顔に会いたかった。
田村のおうどん。
山越。みんなお庭でいただきます。
山越のおうどん。さぬきのおうどんは光ってます。


しばらく高松にいます。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-31 21:13

おお

f0016929_20571551.jpg

やっと移動中である。

現在高松へ向かうバスに乗っているが、
安い。
早い。
これはいい。

途中、神戸の夜景を満喫。

休憩は淡路島のパーキングエリアだったが、自動販売機に、珍しく真夏にも赤いランプが。
横一列の日本荼と、いくつかのコーヒーがホットだった。
これは珍しい。

心踊る楽しい夜の旅。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-30 20:57

ふっふっふ

昨年から眠っていた「恐るべきさぬきうどん」が
ついに役に立つ時が来た。

そう、昨年は突発的腹痛で断念した高松行き。
明日は決行。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-30 01:02

ほっとひといき

f0016929_21212731.jpg

今日は兄弟団大和教会でコンサート。
今日は終わったあとお菓子をよく食べた(笑)

今日はたくさんミスをした。
たくさん小さなアクシデントが重なった。
でも全て切り抜けられたので良かったよかった。

「ぱんくず」の名で長く音楽活動しておられた喜多ぱぱと初めてお会いしました。
子供さんが音大で声楽を勉強中。
カエルの子はカエルだなあ。
それ以上に喜多一家のあったかさがめちゃ印象的だったなあ。
いいなあ、ぬくい家庭。

と思いつつ、終わってほっとしている写真をぱしゃり。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-27 21:21

花火

f0016929_23383224.jpg

f0016929_23383233.jpg

今年も天神祭の花火を京橋の33階から堪能。
携帯のカメラではどうにもなりませんが、実際はパースペクティブな絶景空間。
音と光の異世界でした。

あるご家族とモンゴルの話しで盛り上りました。
きっと行くのだろうな、モンゴル。


ちなみにライフラインというクリスチャン系番組で、NGFが取り上げられます。
放映は明日あさって。
いつも告知が遅くてすみません。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-25 23:38

ぷちあしあと

ちょとブログの書き込みから遠のいてました。
ごめんなさい。

父は先週末に再入院。
何をしているというわけでもないのですが、
なかなかせわしくなるものです。

母もぷちダウン、私も今回病院でいろいろ検査に。
でも全然まったく大丈夫ですよ。

命の大切さを考えますね。
待合室におられるお年寄りや、介護される方の表情。
車いすの子供さん、四六時中機嫌の悪いおじさん(笑

いろんなことを考えたり祈ったりする良い機会です。

それからこのあいだ、久しぶりにクラシックのアリアを歌ってみました。
すっかり忘れていた世界だけど、驚いたのは、知らないうちに上達してた(笑
普通、クラシックやめてポップス系やゴスペルばかり歌っていたら、
クラシックにはついていけなくなるか、下手すると痛めてしまうものなのに、
私の場合は以前より声が豊か(?)になっていると感じた。
昔はとても歌えないと思っていた歌に、手が届きそうになっていた。
なぜだろう。とてもとても不思議。

やっぱり基礎かなあ。
基礎をしっかりやっておくと、どうとでもなる。
そのことを再認識。
というか自らの体で証明したって感じだった。

好きだなあ、クラシックも・・・。ホント。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-22 14:35

名言!

○Friends are people who help you be more yourself.

■友だちとは「本当の自分」を
探すことを手助けしてくれる人を指す。

マール・シェイン(カナダ/作家)
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-17 11:52

バーゲン

中途半端な時間が出来たので、行きつけの靴屋さんに立ち寄った。
なじみの店員さんがいるのだが、彼女の目を大変信頼している。

今はバーゲン時。
安売りの札が並び、ビルには人があふれている。

が、なじみの店員さんはやる気がない。
声をかけてもやる気がない。
ちらっと見渡して、「良さそうなものがないなあ、私のサイズ(激小)なんて
なさそうだなあ。」と言ってみると、
「はい。無いです。はっきり言ってお勧めできるものは無いです。」
ときっぱりした言葉が返ってきて、その会話は終わってしまった。
これだからこの店員さんが好きなのだが。

「バーゲン品になるなよ。」と言われた事がある。
バーゲンそのもののお得感はうれしいものだが、バーゲン品には何か必ず
売れない訳があるという。

昨年もバーゲン時期に本命のものを捜し歩いても見つからず、
結局しっかりしたブランドの、バーゲンに落としていない品をゲットした。
バーゲンに落とさないものには落とさなくて良い、やはり理由があるのだ。

自分にはダメなところがたくさんある事がわかっている。
それをしばしば言い訳にしている。
自分で自分を値引きしているのだが。

物は溢れ、人も溢れて、バーゲンには活気がある。
しかし赤札にならない光る品物こそが、目をひく。

自分で自分をディスカウントしない。
そうなれたらいいな。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-15 18:53
忍ヶ丘キリスト教会に行ってきました。

緑に囲まれ、和やかでアットホームで素晴らしい教会でした。
思った事をストレートに言える不思議な空気感がありました。

コンサートでは時々涙がほろほろこぼれる事がありますが、
歌に影響することは稀で、泣いていても歌いきるタイプのつもりでした。

しかし今日は違ったなあ。
本番で声も歌もぐちょまみれ(笑)になったシーンが。

それはチェイン・リアクションという、中上祐子さんの曲でのこと。
先日のサミットの事や地球温暖化の話しを絡めて歌わせていただいたら、
途中で胸が詰まってしまった。

地球は汚れている。
それは私達の罪の現れ。
聖書は世の終わりがあることを告げているが、それが実感となって胸に込み上げてきたのです。

地球は病の中にいる。
今私達は最大限に何かをやらねばならない。


父のことも祈ってくださっている方がたくさんいらして…。

命の話しになる時、福音、GOSPELはいかに強いか、いや、本物であるかを再確認する。
感動をもって。

だから本当に伝えられる。
本当に信じていいんだよと。
信じる事は素晴らしい事なんだよと。


携帯からなので書ききれないけど、笑いもあり、涙もありの、
心をいっぱい使った豊かなコンサートでした。

また写真をアップしながらジョイントしてくださた方々のお顔も紹介できたらいいな。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-14 00:18

とりあえず!

とりあえず!
今度の忍ヶ丘のコンサートは17時です!
HP抜けていてすみません。
コンサート後にはお茶や軽食も出ますよ♪

おとうさんのこと、お祈り下さってありがとうございます。
父はものすごく多くの人に祈られ愛されていて、幸せ者だと思います。
本当にありがとうございます。
改めてまた書きに来マス。

ちなみに私はすごくげんきですよ♪!
駆け足ですみません。
[PR]
by spiritualsong | 2008-07-10 20:30