Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

宣教師カップル

f0016929_21201836.jpg

今日も素晴らしいカップルが誕生した。
安川圭吾&井上美穂子宣教師。
井上美穂子師はアフリカのタンザニアへ遣わされている宣教師。
「女性一人でこんな危ない所で宣教しているなんて、
自分の肉親なら止めただろう。」と挨拶の席でおっしゃった大田先生も
元インドネシア宣教師。
その大田師がおっしゃるのだから、本当に危険きわまりない状態での活動だったのだ。
しかし、このたび素晴らしいカップルが誕生した。
この井上宣教師に安川師が呼応し、同じ重荷を負うことにされたのだ。

教会の中で生まれるこういうカップルは、自分の思いだけでなく、
神様に導かれているのか、その声を注意深く聞く。
結婚式に臨んだ安川先生の顔は天に突き抜けるように晴れ晴れとした顔だった。
美穂子宣教師は、しなやかで凛として、そして深い面持ちだった。
お二人ともしっかりと神様の声を聞かれたのだろう。
自分の存在を相手に受け渡すことで、お互いの幸せだけでなく、神様のため、
そして世界のどこかにいる苦しむ人のために人生を明け渡す。
尊い結婚だ。
そうでなければこのような突き抜けた、そして深い顔は生まれないだろう。

神様の栄光を仰いだ。

もうひとつ、とても印象的だったのは、この年齢層に実際宣教地に遣わされた
人が多いことだ。彼の写真を見ても、出席した人を見ても、中国の、インドの、
ドイツの宣教師達の顔があった。
なんという力強さだろう。
震える思いだった。

かつて宣教師に支えられてきた日本。
今、宣教師を送り出せる国に変わっているのだ。

ここにも新しい時代を見たと思った。
f0016929_21201874.jpg

[PR]
by spiritualsong | 2008-01-26 21:20

f0016929_19354959.jpg

さぶいですね。
今日はさすがに大阪にも雪。
でも粉雪が舞う程度でした。

こういう夜は読者にいいなあ…。

って、このブログ書いてるのは、まだ帰りの電車の中だけど(笑)
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-25 19:35

Weman's

今日は久々に英会話に行った。
いつもの先生がお休みで、臨時講師としてロザリーンさんという
方がいらしていた。彼女はインド人だという。
f0016929_2229437.jpg


彼女からくり出される話題、インドの結婚制度に驚いた。
カースト制の影響だろう、女性の人権が極端に、それもはなはだしく低い。
中でも驚いたのは、ダウリーという結婚持参金の問題だ。
結婚は個人の意志ではなく、親同士の間で決められるが、
女性側の方が結婚持参金を持って嫁ぐというのだ。
そしてその持参金が低いとみなされたり、結婚以後も続く相次ぐ要求に
女性側の家がこたえられない場合、女性はひどく暴力的な目にあう。
殺されたりもする。
赤ちゃんが女の子とわかると秘密裏に処理をするケースも頻繁だと言う。
(例えば下記のサイト参照。リンクしてないので、コピペして飛んで下さい。)
http://www.indochannel.jp/culture/marriage/03.html
http://subsite.icu.ac.jp/cgs/article/0408008j.html

息を飲むインドの現状だった。

私が行っている英会話は、喫茶店でのフリートークだ。
メンバーも驚いて質問が飛び交ったが、時間はあっという間に過ぎた。
f0016929_22294451.jpg


じつは私は、来月2月8日から11日までの「Weman's Conference&Live」に
出演する。
女性のためのカンファレンスを行い、ワークショップでゴスペルを覚え、
そして11日のライブコンサートで演奏する。
4日間を通じて女性達への励ましや学び、立て上げをうながす。
http://church.ne.jp/women_stand/japan/conf.htm

なぜこのようなカンファレンスが必要なのか。
それは女性というもののアイデンティティーを持つことと、
存在そのものへの励ましだと思っている。

なぜ自分は女性に生まれたのか。
私は子供の時からその問いを心に持って育ってきた者だ。
深い深い問いだった。

歴史は、女性を解放した思想や革命は、キリスト教思想に基づくもので
あることを証明している。
そして聖書は、男女はもともと「対」に作られたのではなく、
「一体」として作られた、深い奥義を知らせている。
それは素晴らしい真理だと思う。

今、ありがたいことに政治的に平等になっている日本。
しかし50年前はこの国もどんな状態だったのか。
そしてこの目の前にいるインド人女性の境遇。
ひとたび諸外国に目を向ければ、現実はどうなのか。
今日のロザリーンと話せたことは、自分の奥深くにある女性というものの
存在の足場の不安定さについて、また光を当てられることになった。

f0016929_22294452.jpg


このカンファレンス、私は本当に期待している。
昨年東京であったことを聞いた時、関西で行われることを心から待ち望んできた。
しかもライブコンサートにあたる11日は、私の誕生日でもある。
この日に向かって祈ったり思いを高めていくことは、自分にとっても
とても大切な日々になるに違いない。

御覧の皆様にも、是非来ていただけたら。
一緒に女性について分かち合い、祈り合い、賛美できたらと。

大切な時になると思います。
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-23 22:29

f0016929_18101752.jpg

f0016929_18101818.jpg

久々に関西聖書学院の授業に行ったら、あら、生駒山は雪。
といってもすでに溶けかかっていたけど。

風情あるな。

で、夜は西宮へと向かう。
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-22 18:10

初コンサート

f0016929_22573211.jpg

今日は今年始めての単独コンサート。

今日の会場、聖マルコ教会には、粗削りの十字架、本当に人間がかかる大きさの十字架が掲げてあった。
イエスさまをその上に重ねた。
厳粛な気持ちだった。

しかも今回のコンサートの主催はJOCSという海外医療派遣団体だったので、
コンサートの前に活動の一部が映像で紹介されていた。
ウガンダにおけるエイズ患者のため派遣された北川医師の活動の様子だった。

私は海外でも賛美したいと思っている。
だから自分がそこに身を置いたらどんな状態なのか、思いを馳せながら見ていた。

アナウンスがあって、センターへ。
しかし、話そうとすると声にならない。
感極まってしまう。

ひとりの命。
しかし助けても助けても失われるたくさんの命。
その現実の前に私には本来語れる言葉はなかった。

十字架の前で、歌った。

いつものようにプログラムを作らないで、ぷらっとつっかけで出ていくような、気ままな時間の旅。

今日は大切なたいせつな友人が来てくれていた。

一人のために歌う。
それからみんなのために歌う。
何より神様に、神様とひとつになって歌う。

賛美の原点をいつも思いながら。

静かな時。

終わった後もたくさんの方々がお声をかけてくださった。
おひとり、おひとり感想をくださった。
そのひとりひとりの感想は皆違う。
その違う感想をいただけるのは、私には嬉しい励ましだ。

帰り道、いただいた花をかかえ、私は満ち足りていた。
私は賛美が好きだ。
でも、自分が好きだから歌っているのではない。
伝えたい人がいるから。
そこに人がいてくれるから。
神様から力を頂きたいと祈り、注ぎ出す場所が与えられる。
そうして生かされていると感じる。

神様と和解したものは、人の世界にもどっていく。
新しい力をいただき。

誰かのために。
誰かのために。
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-20 22:57

1.17

阪神大震災から13年。

傷を受けた町から、教訓と癒しを発信する町へ。

震災十周年の時は、泣いてその日を迎えた。
でも、神様にいただいたメッセージは「喜ぶ」こと。
突き抜ける喜びに生きることだった。

あれから三年。
私は変わっただろうか。

今日、夕方祈っていた時、神様にいただいたメッセージは、
「人のところにもどる」というものだった。

人のところ。

どんな歩みになるだろう。

静かに祈った、大切なたいせつな、1.17…。
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-17 21:54

再会

昨日は、私にとって、本当に意味深い再会があった。

高校生の時、一番心を分かち合った親友との再会だった。

時間は短かった。
でも、私は心から彼女を抱きしめたかった。

おかえり。
ただいま。

心はそう言っている。


f0016929_11525830.jpg

[PR]
by spiritualsong | 2008-01-14 11:01

このごろ2

宮城で中学生4人が火災の中からお年寄りを助けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000011-khk-l04

高校生が地球や人にやさしい発見を。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000926-san-bus_all
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000924-san-soci

すごいやん!この頃の中高生。

こういうの、胸をすくな。
こんないい子たちがちゃんといるという希望だけじゃない。
若くても、小さく見えても出来るんだって希望。

報道も、いい子やいい事にもっとフォーカスして欲しい。
そしたら希望がもっと溢れるよ!
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-13 00:49

このごろ

歌南ちゃん構成&撮影(笑
f0016929_2125329.jpg


先日から人と会ったり本を読んだりしている。
このブログを始めた時、人と会いたいなとむしょうに思っていた。
そのとおりになっていることを思い返していた。

また人に会える。

大切な再会。

そして新しい出会い。

冬の夜、心あたためつつ…。
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-12 21:25

ちょっと

こないだから調子が悪かったパソコンが、
ついに動かなく…。
多分電源の接触レベルのことだと思うけど。
あ~あ…。

更新できてなくてもご心配なくね~。

今日は雨でしたね。

あちこち始動してますね♪
[PR]
by spiritualsong | 2008-01-12 17:58