Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー

<   2007年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

にっこり

f0016929_2132417.jpg


昨日は名古屋でワークショップ。
今日は塩屋でコンサート。

電車に乗って神戸の西へ向かうと、窓の向こうに一瞬海が見えた。
ああ、海、久しぶり!

行ってみると、塩屋キリスト教会は明石大橋が見える、
とってもきれいな教会。
皆さんの空気間も目もとっても柔らかく、
響きの面でもすごく歌いやすかった。

コンサートは1時間半くらいの長さが多い中で、今日は2時間。
今回はみんなで歌う歌詞カードもOHPも何にも無いまま、
いつものようにプログラムの無いコンサート。
つっかけでぶらっと旅に出る感じに似ている。

でもひびきの柔らかさや、会堂の明るい雰囲気に助けられ、
今日はまた、自分でも落ち着いて良いコンサートになったかなと思った。

今日はなぜかMCがとっても落ち着いてた。
2時間あると、話しやすいな。
十字架の話や自分の経験談、しっとり話せる。
でもそのせいか、途中で久しぶりに爆泣しちゃいましたが。

やっぱりこういう時間は最高。
自分にとって本当にうれしい時間。
十字架の話しが出来るのは、ホントに価値あることなんだ・・・。

写真は、ある方が携帯で撮ったものを送ってくださったもの。
マジック書きの料金表はご愛嬌ということで。

どこかに行くのは楽しい。
新しい人に会えるのは楽しい。
新しい場所、新しい空気。
新しいのはいいな。


ところで、先日の「へたれ」(爆)の記事の後に、
「ぼくはへたれではないですが」と、ある若手牧師先生からメール頂いた(笑)
それもたのもしいな〜っと思った。

私の回りはにぎわっていて、ほのぼの、それでいて元気な人が行き交っている。
今日も出会った方々からいっぱい元気をいただいた。

また明日もがんばろう。
明日は北浜。
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-30 21:32

へたれ

ある若手牧師先生との会話。
「おれら、へたれ世代や。先代は偉かったよぉ。」
「うんうん、偉かった。」
「でも俺たちは戦争を知らない子供たち。
始めっから白旗掲げて歩いてるようなもんや。」
「うんうん。」
「やさしさなんて言うても、結局人間や問題に触れることを恐れて、
その言葉に逃げこんどるだけやし。」
「そおのおとおりいぃ(笑)」
「でも、へたれはへたれなりに生き方見つけなあかん。
仕方ない、これは世代共通のもんなんやから。」
「ほんまほんま。」

で、その生き方って何なん?

私は即答したよ「それって愛なんちゃうん。」

えへへ、言葉では言えるよな。

でも、無いからわかるというものがある。

三橋恵理哉師は、「全ての動機が愛かどうか。」
が、焦点らしい。
「この世界で結果を出そうとするからおかしくなる。
ビジョンは掲げてまい進するが、自分が果たせるかどうかは関係ない。
全てのプロセスが『愛するため』かどうかだ。それだけだ。」

これには心底恐れ入った。本当に感動した。
すごい悟りだと思った。
今も、そしてこれからも、私はこの言葉を反芻し続ける事と思う。

その若手先生に話したら
「それは悟りだ。それが腹に落ちていれば、あとは全ておまけのようなものだ。」
と得心していた。

ひと昔前は宣教師がいた。
宣教師は愛の固まりで、何もしなくても涙が出るほど暖かかった。
いてくれるだけで、その場が香った。
先代達はその宣教師と開拓している。
私達の世代以降は、それを受けていないのだ。

無いからわかるというものもある。

さて、しかし、このへたれ世代の中にこそ、天からの愛を見つけるヒントは必ずあると思う。

飢え乾いていて良かったね〜〜、と言える時が来る。

さあ、へたれ世代の皆様、この続きはご一緒に!!(笑
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-28 13:47

プレイズ・ワーシップ

f0016929_2138185.jpg

とってもきれいなDMと招待券できています。
今度の月曜日の「プレイズ・ワーシップ」

「あなたは変わるけど、変わらないで待っています。
北浜の地で・・・。」
そんなコピー。

今回はコンサート半分、ディープなワーシップ半分の予定。
無料ご招待ですので、お友達お誘い合わせでお越しください。
静かなコンサート&ワーシップタイム。
メッセージもお茶もある、素敵な時間です。

ご希望の方はDM、招待券、差し上げます。

10/1(月)  18:30〜20:00
北浜インターナショナルバイブルチャーチにて。
HPのスケジュールもご参照ください。
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-26 21:38

この二日

f0016929_2181370.jpg

今日はグランド花月に行ってきましたあ!(笑
吉本新喜劇なるものを観て来たのです。
今日はいろいろある日なのに、なぜ向日は突然吉本なのか!?!?
という問いを持たれる方には申し訳ありませんが、
これもある意味「行事」なのですw

がんばっているなと思いました。
本当に。
むしろこれだけのメンバーで興行を打っているのだったら、
吉本の給料が低いのも仕方が無いだろうと思いました。
プロの世界は厳しい。ほんと。

始めは笑えなかったw
つぼがわからない。ノリがわからない。
でもうち遅まきながら笑いの波に飲まれてしまうと、
涙がでるほど笑いころげ・・・www

私でも知ってる「売れてる人」を見て、心ひかれたことは、
心から本人が笑っていたこと。
ネタの合間、自分の台詞の直後、こらえきれなくなって
本当に吹き出している場面が何度もありました。
楽しんでいるんだなあ。
そういう姿が良かったなあ。

その後は大阪名物くいだおれで食事。いやあ、知らなかった、こんな大阪w

実はカルチャーショックですw

f0016929_218137.jpg


今度はまじめに。
昨日は桜井ルーテル教会50周年。
この額は、そこのあるご婦人がわざわざ書いて下さったものです。
これをいただいた時、涙が出てしまった。
記念会の内容ももちろん良かったけど、自分の感想はこの書に集約
されているなあと思います。

私はこの頃、神様に恵まれるということがどれだけ大切かをかみしめています。
自分の次の世代と関わることが多くなった今、何を伝えるのが大切かというと、
技術でも方法論でもなく神様そのもの、そしてその恵みです。
それを自分がまず本当に知っていることが、どれだけ大切なことか。

50年を数えた教会は本当に素晴らしいです。
そしてその次に伝えていくものも、この恵み・・・。

みんなが神様によって恵まれていますように。
心から祈ります。
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-24 21:08

明日

f0016929_23395162.jpg

f0016929_23395194.jpg

f0016929_23395168.jpg

明日、兵庫県の芦屋福音教会でシリーズで行われてきた「マラナサコンサート」が
あります。
その教会には聖歌隊があって、明日は「MEN OF EXCELLENCE」という
男声ゴスペルクワイアとジョイントでコンサートの運びになります。
今日はその仕上げ練習でした。

私は、ソロにシフトしてからそんなに多くのクワイア教えていないけど、
ここは一番長いかな。

だから皆が苦労した後も、涙も知ってる。
大きな病気を患って、癒されたり生かされたり。
天国にひと足先においでになった人もいらして・・・。
泣いたり、笑ったり。
でも少しづつ前に前に進んできました。

いつもはプロの方をお招きして行っているマラナサ、今回聖歌隊さんも
乗れるようになったのは、何よりみんなの長い間の努力。
それから、素晴らしいメンバーの参加があります。
最近になってプロのミュージシャン達が、この教会で洗礼を受けられました。
クラシックだけでなく、ジャズ、そしてゴスペル、さらにそれらの分野を越えて、
一人の神様を賛美する心を皆が差し出して・・・。

長い間下積みをした人も、最高の音楽を求めて来た人も
みんなが神様に向かおうとする。
それは、言葉に表せない尊さです。

ひとつの花が開いたような、
待っていた時がやって来たような、
そんな気持ちで、やたら感動しながら帰ってきたのでした。

マラナタコンサート 芦屋福音教会にて
13:30開場  14:00開演
http://www.mac.com/japan/

あ、ちなみに私は、奈良の桜井教会で歌ってきますね。
50周年、これもすごい。
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-22 23:39

たね

北海道で、ある教会の女性コーラスの方に、小さな曲を書き下ろした。
今日はその歌を実際に自分の目の前で鳴らしてみた。
アレンジをシンプルにしてあるので、そこはもっと凝りたいけど、
久しぶりの感覚。
以前は自分の為より、クワイヤーや人の為に曲を書いていた。
それはとても楽しいことだった。
その感覚を思い出した感じだ。

『たね』といって、
自分の中の小さなたねが、広がる空に大きくなるよ、という歌。
聖書の言葉そのものにメロディーをつけた、ごくシンプルな曲。

ご婦人達は毎日、誰かのためにご飯を作り、誰かのためにおそうじをする。
人の目に大きな仕事であるかのように見えなくても、
その日々の業が、大きな神様の国につながっている。
おかあさん達の愛は、真似の出来ないものだと思う。

今年は他のクワイヤーの為にも書いてみよう。
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-21 21:47

新しい

昨夜、というか、今日の日付けでホームページリニューアル。
再発進です!
昨晩からうれしくて、うれしくて、小さな子供のようでした。

新しいものは、とにかく気持ちがいい。
この秋、あちらこちらから、新しい動きが顔を見せはじめる。
こちらも情報を一括していないが、これは是非、というコンサートが
いくつか出現する。

また、見えないところでも、水が流れるかのように、
何かが動いている。

うれしいな。

いろいろな人と話をする機会があると、
新しい動きに入っていくからこそ、本質からぶれないことが
どれだけ大切かが、しみいるようにわかってくる。

自分の心と神様の心が、ぴたっとあう。
焦点があうって、そういうことだと思っている。

秋がそこまで来ている。
風に吹かれながら、神様と生きる恵みを、また新しく思っている。
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-20 23:59

♪新装開店!!!

f0016929_1224917.jpg

新しくホームページ、リニューアルしました!!!

きっもちいい~〜!
新しいお部屋にいるみたいです♪

BBSも復活できるし、スケジュールもお知らせしていきます。
皆さん、一緒に神様の国を楽しみましょう~♪

何よりホームページの為に、これまで、また今現在、労して下さっている方に、
心から心から感謝いたします!!!

これからがとっても、そしてますます楽しみです!!!
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-20 01:22

美味しい

f0016929_013875.jpg

昨日のコンサートの名残のひとつ。
SUNNYさんお手製のケーキ♪
今日のお茶の時間にいただきました。

美味しかった~~♪

SUNNYさんは今回のファミリーコンサートの主催者の中心として奔走して
下さった方。
そんな忙しい中、こんな風にわざわざケーキを焼いてくださるSUNNYさん、
スゴイ!!
一点しか集中出来ない私には無いタレントだなあ。
脱帽です…。

歌い手は、人の前で拍手もらえるけど、プロデュース側って
重いものや雑多なものしょい込んで、力も忍耐も必要な影の働き。
こういう方がおられるから、自分は幸せに歌えるんだなあ。

ケーキをいただきながら、心から感謝したのでした。

SUNNYさん、皆様、本当にありがとうございます。

SUNNYさんのブログにも、コンサートの様子、書いて下さっています。
http://soranotorinonohana.seesaa.net/


f0016929_027518.jpg

[PR]
by spiritualsong | 2007-09-19 00:13

コンサート

f0016929_23311873.jpg

終わったあー(^o^)♪

今回は滋賀県の栗東のサキラ小ホールにて、単独コンサートをさせていただきました。
ファミリーコンサートの形で、子供達も一緒。
一時間半の間、おちびさんたち大丈夫かな?と思ったけど、み~んないい子して聞いてくれました。
一緒に歌ってくれました。

ピアノも弾きやすかったし、ホールさんもPAさんもすごく良くやってくださって、
やってる本人も気持ちいいコンサートでした。
ホントに楽しかったです。

夜は訪ねて来て下さった方と大津でお食事。
お気に入りのお店があるんです。
栗東は日本で一番住みやすい町に選ばれたらしいし、
滋賀県のあの辺は、いい所だなあと思います。

身も心も幸せな気持ちで帰宅中。

写真はいただいたお花と大阪駅のエスカレーター(笑)
[PR]
by spiritualsong | 2007-09-17 23:31