Gospel Singer 向日かおりの みちくさ日記


by spiritualsong
カレンダー

<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

すばらしい!

ツアー開始。
本日二日目。
なにもかも、すばらしい!

言葉にならないくらい、満たされています。
神様の新しい時代が来ています。
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-29 02:05

整体

昨日整体に行きましたよ♪
様々なところから、応援メールいただきました。
ありがとうございます。

行きつけのカイロプラクティックは、京カイロプラクティック。
先生のお名前は晋山京子先生とおっしゃって、京橋、もしくは
大阪城北詰という駅から近く、大阪市内を移動する人には便利な
ところです。
でも、私の家からは近いとは言えず、滞っていたしっぺがえしが。。
ああ。。
ばきばきでございました。(汗

カイロ、マッサージ、電気治療を二種類三か所と、総合約2時間の治療。
手厚かったです。

すごいなと思うのは、どう疲れているのかを、本人以上に言い当ててくれる。
当てたらその場で、ある程度の改善が見られるまで、実際治療する。
某かのプロを志すなら、かくありたいと思うが、ホントにそういう方なのです。

しかしそれ以上にここが魅力なのは、サロンのようにクリスチャンたちが
集まってきていること。
昨日も私がお伺いした時、待合室には、ああ、と手を降る方ばかりが
いらっしゃいました。
先生の口から出ることは、「本物」のクリスチャンのこと。
頭が下がるばかりでした。

さらに帰る時、うれしそうに「これ、私が描いたのよ。」と指さされたのは、油絵。
オフの時間を利用して、絵の先生を招いて油絵教室を開き、
自らも描いていらっしゃるという。
こういう、いつまでも前向きな姿って、本当にいいな。

心も整体してもらったみたいでした。
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-24 21:07

ぎくっ

今日は、私たちの教会に滝本先生が来てくださる日だった。
私も午後の司会とワーシップを仰せつかっていて、とても楽しみだった。

ところが!朝、腰がぎく!っとなってしまった。
しまったああ!徴候はあったのだが。
昨日靴を買い急いだのも、用心のためだったのだが。

お祈りくださいと教会に電話をかけ、自分も祈る。
でもなおらない。結局今日は一日寝てしまった。。。。。。。
多大な迷惑をまわりにまき散らしながら。。。(すみません!!)

今は少しましだ。明日はどこか整体に行こう。


f0016929_22274386.jpg
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-22 22:28

やった!!!

広島ドッグパークのニュースを一瞬見た!
やった!やった!やった!!!
良かったね、新しいご主人の見つかったわんこたち。
安堵して、ほんとに和らいだ表情のわんこ。
ガリガリにやせて、けして表面的にはかわいいといえなくなったわんこを
しっかり抱きしめている子供。
涙でました。

良いことをしよう。
流されず、自分に嘘をつかず。

ここまでわんこを世話し、なんとか立てなおしたボランティアのみなさん、
本当に尊敬します。感謝します!ありがとう!!!
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-21 19:43

こだわり時

ただいま
自分のために覚え書き

靴を買った
でも失敗した(泣

一か月半 良い靴との出会い待ち
でも この秋はける靴がほとんどない
(ばりばりに履き潰してしまった)
時間がない そして妥協
「このへんで手を打つか」

それは時に大きな失敗になる
こだわり「時」を知る人間なる!
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-21 19:02

元気でね

なにか書きたい!けど、そろそろ時間いっぱいかな。
みんな元気でね!!!
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-20 00:50

祈り

このところ、宗教改革がぷちマイブーム。
今朝配信されてきたデボーショナルメールもルターだった。
あまりにすごいと思ったので、のっけてしまう。

なんとなく思っているのは、あちこち窮する話を聞きながら、
実は安息しているのだよなあと。
神様の安息ならば、とてもいいな!と。
でも、もし安逸に流れるのだったら、この先難しいなと。

ルターは多分はじめは宗教改革を起こそうとしたのではなく、
一人の人間がまじめに自分で聖書を読んで、悟ったことを文章や言葉にした。
それだけだったのかなと思ったりする。
でも戦いが始まった時、彼は逃げなかった。
自分の使命を悟った。
すごい。偉い。本当に偉大な人だと思う。

彼の祈りと祈りへのすすめ。本当に本当にすごいな。。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
宗教改革記念日(10月第三週水曜日)に際して、
マルチン・ルター牧師(1483-1546年)による説教録より:
 
『 祈りがどれだけの力を持ち、効果をもたらすものであるかは、祈りを実践し、且つその力を体験した人々以外には、誰にも分からない。窮した必要に迫られている時に、祈りの力により頼めることは、実に大きなことである。私が熱心に祈り求めた時には、いつも十分に聞き届けられ、自分が期待した以上の答えがいつも返ってきた。時には答えの来るのが遅く思えることもあったが、神はいつも遂には来て下さった。
ベン・シラの知恵(訳者注:51章から成る旧約聖書外典中最大の文書)には次のような言葉がある。「良い、敬虔なクリスチャンの祈りは、医者の物理学よりも、遥かに健康に良い影響を及ぼす。」 ああ、敬虔なクリスチャンの祈りは、なんと偉大で素晴らしいものか! その祈りが神の前になんと力のあることか ! 卑しい被造物に過ぎない人間が、天におられるいと高き神、栄光の神と会話ができるとは ! おじ惑ってではなく、神がご自身の愛する御子の故に、人を微笑みで迎え入れて下さる、と知って祈れる。人はそのように祈る時、自らの心と良心が、ふさわしくない自己或いは罪が理由で、畏縮や後ずさりをしたり、疑って立ち止まったり、恐れて退くのであってはならないのである。 』
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-18 11:38

タヌキ

生まれて始めて見た!
生きたタヌキが走るところ。

市街地のど真ん中の太い道路。
走ってくるでかいバスの前を、小さな動物が一生懸命走っている。
ねこ?と思ったが、いやに走りっぷりがぽてぽてしている。
いや、それなりにスピードはあるが、なんだか細部が丸っこくて、
重心が高い。なのに足は短い。しっぽの輪郭が丸ぽてである。
何?タヌキ?この絵に描いたようなシルエットは。
お目めも小さくて真ん丸であった。
かわいい!!

しかし一瞬頭をよぎったのは、以前見たことのある死んだタヌキ。
車に敷かれたのだが、夜明かりにその毛がつやつやと妙に光っていて、
あまりに立派なタヌキだった。
ここまで大きくなるのに大変だったろうに、もったいないとつくづく思った。

このタヌキはかなり小さくて、まだちょっとあどけない。
でも私の目の前を7〜80m疾走して、バスの進路を斜めにはずれ、
歩道から住宅の方へすっとんで行った。

丈夫で長生きするんだよ!と心の中で叫んでいた。
しかし、一体どこから来たのだろう。
お山は遠かろうに、どうやって帰るのだろう。
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-18 00:12

鳥は空を名づけない
鳥は空を飛ぶだけだ

やはり谷川俊太郎さんの詩の一節なんだけど
これがずっとずっと頭を回っている

昔この詩を知った時 心底うらやましいと思った
今さらにこの一節に憧れる
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-17 11:17

つづき

ちょと思った。

何かを眠らせてきた人たちがいる。
でも本当に眠ってしまった者と、油をたずさえていた者とは違う。

本当に待っているものが来た時、油をたずさえている者になりたい。

あとは体力だあ。
[PR]
by spiritualsong | 2006-10-16 00:26